ヨコミネ式とは

自立を目的とした経験教育

読み書き計算体操音楽など様々な取り組みを通して成功体験を得ていきます。

ワークはヨコミネ式専用の内容で、子どもたちそれぞれが無理なく取り組みことができます。

ヨコミネ式で重視されているのは3つの力の成長。そのためにも子どもたちの4つのスイッチをONできる仕掛けが大切です。

育てたい3つの力

星鈴では、教育の目的を『自立』としています。
『自立』とは、「自ら考え、判断し、行動や実践ができる」ことであり、その土台は 『学ぶ力・体の力・心の力』 です。
「読み書き計算体操」などを通して3つの力を育てます。

4つのスイッチ

最も大切なことは、子どもたちが進んで行動する「やる気」。
星鈴は4つのスイッチで子どもの「やる気」を引き出します。

スイッチ1
「子どもは競争したがる」

子どもは争することが大好き。なんでも1番が好きなのです。
友達との争を通じてスイッチが入り成長していきます。
勝つこともあれば負けることもある…色々な立場で異なる自分の感情に気づきます。

スイッチ2
「子どもは真似したがる」

子どもは似の天才。様々なことを似して覚えます。

似をするスイッチが入れば子どもの能力はぐんぐん伸びていきます。

スイッチ3
「子どもはちょっとだけ難しいことをしたがる」

子どもは難しいことは嫌いだし、簡単なことには意欲を示しません。

しだけ難しいことをさせるとやる気のスイッチが入ります。

スイッチ4
「子どもは認められたがる」

子どもはめられると嬉しくなってやる気が高まります。
「褒める」よりも「める」ことで子どものやる気もアップします。

ヨコミネ式教材紹介

ヨコミネ式教材を使用し、自学自習していきます。ここでは取り組み順番が重要です。絵が多い、文字が少ない本から読んでいきます。子どもによって徐々に難易度もあがってゆき、5歳の夏には小学校の国語の教科書を使用します。他にもピアニカや様々な保育教育教材を使用しながら、星鈴のプロ保育士が子どもたちの学びと成長をサポートします。

■ヨコミネ式書き教材
  • はじめのいっぽ(正しい書き順を学ぶ)
  • しょしゃ(バランスよく文字を書く)
  • かくもんだい(書き方を身につける)
  • わかるかな(書くことの楽しさを体感する)
  • 漢字れんしゅう(1~2年生の漢字を学ぶ)

※一人一冊の辞書を使用し、わからない言葉を自分で辞書引きする、「自学自習の習慣」を身に付けます。

■ヨコミネ式計算
  • はじめてのすうじ(反復練習により数字の書き順を学ぶ)
  • かず(数の概念や大小の把握など)
  • たまたまさんすう(数のイメージを楽しむ)
  • たまたまたしざんひきざん(反復練習でコツをつかむ)

※文章問題と数が一緒になった問題も扱います。考える力を養います。

そろばんワーク(15級~1級)

■その他

英語(リスニング、スピーキング)

■日常の生活知識

基本的な色や時計の読み方など、日常生活で必要となってくる知識を星鈴の自作教材を使用してゆきます。フラッシュカードもその一つです。


星鈴保育園アメブロ